雑記

おもに調べ物のまとめです。

メギド72GWイベ『二つの魂を宿した少年』感想

 メギド72GWイベ『二つの魂を宿した少年』感想です。
 強力ディフェンダーのブニさん無料配布回が終わり、無難にアンドレアルフスさん復刻かな? と思いきやまさかの間髪入れずのシャミハザくん無料配布回。商売する気ある? 大丈夫? といういつものムードです。

 

■新メギド:シャミハザくん、フリアエ様、アラストールさん。
 シャミハザくんはとにかく攻め一辺倒の純粋ファイター。特性のHP75%以下攻撃力UPはベリト様と被っているけど、あちらはめまいとフォトン強奪で敵攻撃を妨害しつつ奥義を2回放つのが前提の性能で、こちらはそういった絡め手は一切なし、自己強化も出来る純粋なカウンターファイターです。運用としては青龍号で滞水→覚醒スキルで攻撃力バフ→奥義→スキルという流れが強い。メインストーリーで仲間になるメギドはカウンターが多く、マルコシアスさんはともかくシャックスは火力がちょっと弱めなので、滞水を揃って活かせる電撃系ファイターを用意したのだと思います。
 ブニさんがアバドンのような連撃はなかなか辛いガープを補う存在として用意されたように(と勝手に思っていますが)たぶんシュミハザくんもシャックスを補う存在として作り上げられたんじゃないかな。性格もメギドの男には珍しい素直な好青年で、そういう意味でも初心者向けという印象です。これからメギドを始める人が楽に攻略できるように、というコンセプトで作られたとしても、お手軽にダメージを弾き出せるメギドなのでフリバで使うと楽しい。

 フリアエ様はスキルでまさかの前列防御1回無効というトンデモ性能。ホーリーフェイクの使い道がないやんけ! カミバカリフォラスが現時点でやたらめったら強く、しかもカミバカリはガチャ産SSRなのでナーフし辛い現環境だと、サバトで引きやすいフリアエ様を用意した意義は大きそうです。ナーフで調整するとどうしてもユーザーの不満を買うので(特にメギドはキャラへの愛着を生みやすいので性能を下げるのは危険です)同じぐらい強い、でも微妙に運用感の違うメギドを配置する手腕は相変わらず手堅い。フリーバトルではカミバカリフォラスはかなり強いですが、1ターン1回しか使えない以上、メインストーリーだと集中攻撃でどうしても落ちやすい。そこを連発出来る性能はかなり魅力的で、フリバでもパイモンのような単発アタック連続系に対しては特に強そうです。
 マスエフェクトも強い! カウンターファイターの覚醒-1はシャミハザくんとも早速かみ合いますが、特に強力なのはガミジンさんとの組み合わせでしょう。覚醒ゲージ4でバニーフォラスやラウムで支援してしまえば1ターン目で超強力な列攻撃奥義を放ててしまう。アガリアレプトさんの開始時覚醒ゲージ+2で1ターン目からハルファスの奥義を撃ててしまうことを考えると、(意図してかはわかりませんが)もしかすると「強さの調整には同系列の、だが微妙に性能の異なる要素をぶつける」というやり方なのかもしれません。でも意外とまだフリバでは見かけない。
 覚醒スキルの氷結も意外に便利な地形効果だし、奥義も列回復+攻撃バフ、さらには放置してても勝手にスキルフォトンを獲得してしまうので置物にしても有用、とかなり隙のないサポーターです。これを普段のPUガチャではなくサバトで広く提供してしまうあたりがメギドらしい。

 アラストールさんは特性で毎ターン覚醒+1, スキルで初手から攻撃力低下、覚醒スキルはマルコシアスさんと同じくめまい列攻撃と便利そうなサブアタッカー。特に初手から攻撃力を下げられるメギドは貴重では。奥義はまだ未開示ですが、メギド体みたいに全体感電だったらさすがに強すぎるかなあ。いずれにせよ実装が楽しみです。

 

■シナリオ
 シナリオは相変わらず爽やか! シャミハザくんは癖のない好青年だし、フリアエ様は面白サイドの住人とはいえ基本は真っ当な裁判官だし、アラストールさんは悪役とはいえ憎み切れない姉御肌が光ります。飛行物体を打ち抜くシャックスは格好いいし、最後は何もかも丸く収まってハッピーエンド、と幕間のサブイベントらしい読み易い話。ソロモン君の善人ぶりも光ります。そしてガギゾンくんは早くアジトに来てほしい、教官とフリアエ様とマルコシアスさんがお前を待っています。

 

■オーブ
 ついにオーブ育成のUIが改善され(素晴らしいです)メインシナリオ4章まで一切オーブを進化させなかった私もガンガン強化出来るようになりました。とにかく目に見えて強化されていくのが楽しい! メギドのオーブは単にステータスを上げるだけではなくて自由に取り換え可能なスキルコマンドでもあるので、オーブの強化はそのまま推しキャラの強化に繋がる楽しさがあります。まさか4章終わったところでこんな楽しみを発見するとは思いもしなかった。
 そしてイベント限定オーブを集める大変さ! 無限ボーデンヴォルフ狩り、初手邪魔なんだよを連発しているウァプラさんの目の荒みぶりがさらに悪化しそうです。たぶんこれまでのイベントもバブルヘッドやキラーレディを集めるのキツかったんだろうな……。でも実際青龍号を1体レベマにするのは楽しかったので、復刻されたら是非サタニックリブラやピローヌやグラディエイターを強化したいです。
 
 今回の目玉はまずはSSR青龍号
 単体ダメージ強化もシャミハザくんの能力とマッチして強力ですが、しらぬいなど普通は3ターン費やす滞水を2ターン目から放てるのは強い。2ターン目で滞水させて、シャミハザとシャックスで速攻で攻め抜いていく、という戦略が取れるオーブです。もはやカウンターのラッシュ化。
 SR暴龍ガルグイユは2.5倍感電ダメージと、カウンターのRオーブを彷彿とさせるようなバーストオーブ。2.5倍感電ダメージはシンプルに強力なので育成の価値はありそうですけど、すでにグラディエイターという超強力ライバルがいるのと、犬狩りがあるので活躍の機会は難しそうかな。一方SRエクセネイターは赤月の残党兵長と同系列の4連撃オーブ。威力がわずかに上なのと、特性が反撃なのが細かな違い。赤月の残党兵長はHP+10%以上upと汎用性の高い特性があり、やっぱり無限犬狩りが必要なので使いやすいとは言いづらいですが、同系列でもこういう細やかな違いがあると使い分けをつい考えたくなって楽しいです。
 Rバーデンヴォルフはまさかのヘルハウンドと同性能なのに威力が2倍→1.5倍に落ちるという使い道皆無の完全素材用オーブ。大幻獣特攻とかならまだしも飛行特攻だと(確かに対象の敵は多そうですが)あんまり使い道ないかなあ。SSRジェルスペクターも同様で、カウンターの死者特攻は珍しそうですけど既にキマリスが居るし、列2倍はちょっと地味。アラストールさんが使っているみたいに全体スキル強化があったら面白そうでしたけど、やっぱりそれはキマリスやフォルネウスとの兼ね合いを考えると難しそうです。これも個人的には素材用かなあという印象。
 1-4無限バーデンヴォルフ狩りは、ヘルハウンドの金箱を簡単に出せるプレイヤーなら旨味は全くないですが、おそらくは初心者向けを考えたのだと思います。正確なカウントはしていないですが、ほかの強化素材オーブは概ね蝶の交換で足りそう。ぜひメギドを始めたての人には青龍号をレベマにしてもらって、シャミハザ君を活躍させてほしい、というメッセージなんじゃないかと思っています(勝手に)。

 そして新たにレアエネミーのレアドロップ、というハードルの高いオーブとして登場したのがSSRデューク。入手難度は高いけれど、毎ターン回復15%は超魅力的! 20%以上であればフリバのバティンさんの立つ瀬が無いので絶妙な値です。覚醒スキルが強力な分奥義はなかなか放ちにくいマルバスに是非持たせてあげたいです。
 というわけで、毎日地獄の犬狩りと猫探しを繰り返しています。そろそろアジトが獣臭くなりそう。

 

■周回について
 今回から新たにレアエネミーのレアドロップ、というイベント固有のエンドコンテンツが設定された形です。一方でネリさんという別のレアエネミーも設置して、記憶の欠片をばらまく形式。記憶の欠片はガチャを回した人間ほど数が欲しくなるアイテムだし、紅水晶の原石や抜け殻といった貴重な素材も用意して、一個の目標を狙いつつも副産物が美味い、そんなEXマップを作ったのはさすがメギドだと思います。目標が一個だけだとどうしても気持ちがすり減りがちなので、セットのご褒美があるとモチベーションが保ちやすい。
 ただやっぱりレアエネミーの出現頻度が低い! そのうえレアドロップの排出率もかなり低いので、せっかく苦労して倒したフリアエ様から蝶や記憶の欠片が出てくるとガッカリ感は半端ないです。せっかくフリアエ様とのバトルも熱いのに惜しい! とはいえここは調整の難しそうなところで、紅水晶の原石や抜け殻はデュークを狙うぐらいの人だと塔でサクサク集められるようになっているので、周回する人ほど旨味が少なくなるのは仕方ない。全員に役立つようなエンブリオ幼のドロップ率は相変わらず低めなので、ここを調整すればあるいはもっと周回しやすかったかなあ。あとは、塔で出ないゴールドオイルもレア素材に配置したほうが良かったんじゃないかな、とか。
 レアエネミーのレアドロップって発想はコンシューマーっぽくて楽しいのですが、もうあと一歩欲しかったのが正直な感想です。初回だし、これからまたいろいろ変わっていくんじゃないかと思います。
 ただ、今回初めて周回してショップも全部交換し切って、やっぱりメギド72は楽しいゲームだなあと。戦略性に富んだゲームなのは今更言わずもがなですけど、オートで周回出来るパーティを頭使ってなんとか組んで、それで延々周回させていく、という遊び方も楽しみのひとつ。微妙にへっぽこなAIの動作を読みつつ、適当に放置しても安定してアラストールさんを倒せるパーティを組むのは興奮しました。とりあえず教官はオートではクビです(ごめん)。

 

■そんなわけで
 相変わらず楽しいゲームでした。メギド72は組み合わせが物を言うシステムである以上、新しいメギドやオーブが追加されるとそれだけで戦略のバリエーションが増える、その都度面白さが加速的に上がっていく凄いゲームです。これからもプレイヤーが増え続けていってほしいです。