雑記

おもに調べ物のまとめです。

お前の好きな顔が最強だ メギド72について

 紹介文というより感想文なので、このゲームについてはあんまりよくわからない文章です。

 

 メギド72というソシャゲにはまっている。ドリフェスがサービス終了を間近に控えつつあって、その終了告知直前にハマった新しいソシャゲなのだが、丁度よすぎて、物事のタイミングとは不思議なものだと思う。

メギド72

メギド72

  • DeNA Co., Ltd.
  • ゲーム
  • 無料

 
 このRPGを紹介するのは難しくて、かつ直感的にプレイ出来てしまうのでだらだら言葉を尽くすよりは実際に手に触れてほしいのだが、かなり秀逸なゲームである。ガチャを死ぬまで回して強キャラを引き、あとは延々脳死レベル上げ、という作業ソシャゲとは違う。という謳い文句に私たちは散々騙されたわけなのだが、少なくともメギド72は本当に違う。なにせキャラのレアリティが無く、クラスの相性差がかなりゆるめに設定されているのだから、とまず説明する。FGOで言えば星によるレベル上限が無くて、クラス間のダメージ倍率が弱いのだ。
 
 「どんなキャラでも活躍の機会がある」というキャッチフレーズは、たぶんそれなりに多くのソシャゲが採用しているのだろう。が、実際にはバランスブレイカーが何人か居てしまって、そいつを引けば勝ち、裏返せばそいつ以外に大した価値はない、という状況がしばしば生まれてしまう。マーリンとか。孔明とか。そういうキャラクターを一人作り上げてしまうと、それをガチャで引けたユーザーと引けなかったユーザーに強烈な難易度の差が生じてしまう(でもって高難易度のステージを用意するとなると前者に合わせるほかない)。
 ガチャを引かせるには強くて魅力的なキャラクターが必要だ。したがって、実際には「どんなキャラでも強い」というのは経営的に難しい。実際にそれをやるとしても、絶対的な相性差というのが欲しい。たとえば(もう面倒くさいのでFGOで喩えるが)マーリンだけ居ても☆5のアサシンやアーチャーが居なければライダーやセイバーには勝てないのだ。バーサーカーはすぐ死ぬし(私は土方さんが好きだ)。FGOのクラス相性は、ダメージ倍率が強烈なのでそれぞれのクラスで「強キャラ」を引く必要が出てくる(ように見える)。
 FGOを始めていた当初は、このクラス相性というシステムがかなり辛かった。私はソシャゲの育成キャラを顔だけで決める人間なので、ガウェインがアーチャーにボコボコにされると萎えたし、土方さんが速攻で沈められるのを見るのも萎える。キャスターでいちばん好きなサーヴァントが☆4のミドキャスとキャスギルなので、アサシンが出てくるだけでわりとイベント周回が辛い。土方さんはすぐ死ぬし(二回目)。
 ただ、このクラス相性というシステムは実際には「どんなキャラでも活躍の機会がある」ように見せかけるのに一役買っているし、実際にクラス相性のような大雑把なシステム無くしてキャラの多様さを描き出すのは、相当に難しいのだろう。私はゲームを作る人間ではないので、実際にどれぐらい難しいのかはよくわからないけれども。
 
 しかし、やっぱり「どんなキャラでも活躍の機会がある」と、そういう大雑把なシステムとは何かが違うのである(FGOはたぶんそんなことは謳っていないと思いますが)。「どんなキャラでも活躍の機会がある」とは、ここでは要するに「俺が好きなキャラをいちばん活躍させろ」という意味である。黒石勇人が好きならセンターの座が黒石勇人しかありえないように、RPGでもいちばん活躍すべきは俺が好きな顔のキャラでしかあり得ないのである。現実はもちろんそんなわけにはいかないのだが、RPGに限らずソシャゲ、ゲーム全般がある程度人の願望を満たしてくれる装置なのだとしたら、やっぱり見たいのは推しの活躍なのだ。土方さんはすぐ死ぬ(3回目)。

 

 そういう「俺の好きな顔がいちばん強くあってほしい」という最低の願望を満たすのが、メギド72というソシャゲである。ここまででFGOと比較して書いているのは丸わかりなので、あられもなくFGOと違う点を書くと、メギド72はキャラクターにレアリティの差が無い。すべてのサーヴァント(メギド72ではサーヴァントのことはメギドといいます)にはレアリティの設定が無く、したがって一見して分かるレベル上限の差やパラメータの強烈な差もない。プロトクーが星3じゃなければ絶対に槍はプロトクーしか育てていなかった(それでは誰もガチャを回さないからダメである)。
 しかもクラス相性によるダメージ倍率がかなり緩い。お前の好きな顔をいちばん強く育てられるし、しかもクラス相性という世界の秩序によって推しが理不尽にボコられることもない。土方さんがアメリカの片田舎で幼女にハメ殺されることもないし、五重塔で絵師にボコボコにされることもないのだ。

 

 「俺の好きな顔がいちばん強くあってほしい」という願望を満たすには、キャラクターの自由なカスタマイズが必要である。そのキャラの根本の性能まで変えては何がなんだかわからないので、プラスアルファで自由に変更出来るオプション性能が必要になる。FGOで言えば概念礼装だし、私がフリゲで未だにいちばん戦闘が面白いと思っている夢遊猫ケーリュケイオンは任意の特技をひとつ自由に追加出来た。キャラクターのベースの性能との組み合わせがどうハマるか試していくのが楽しいわけで、メギド72はこのスキルをオーブという装備で追加する仕組みになっている。これによって、ある時はキャラクターの力を脳死が如く一気に上げ続けるしかないキャラが、突然全体1回無敵を連発する超防御寄りのキャラになったりするのである(フォラス先生)。
 「俺の好きな顔がいちばん強くあってほしい」とは、つまり推しにどんな状況でも「ある程度は」対応出来るようにしてほしい、ということだ。大事なのは、ここで「ある程度」を超えてしまうと、そのキャラはバランスブレイカーになってしまう。それでは面白くない。ゲームの側から提示された最適解が、たまたま自分の推しになっただけという、なんだか肩透かしな気分になってしまう。
 「俺の好きな顔がいちばん強くあってほしい」とは、きわめてわがままな願望なのである(当たり前だ)。
 
 俺の好きな顔がいちばん強くあってほしい気持ちには、強敵が必要である。
 土方さんがボッコポコにされてもガッツで耐え切りビームを放って敵を爆殺したら脳汁がだらだら出るように、推しが最強で居るためには最強を証明するための敵が必要なのだ。そしてそうした強敵に、メギドは事欠かない。敵の性能も味方キャラと同じく個性豊かである。が、しかし、なぜか、にもかかわらず、メギドの育成は、推しだけ育てていてもなんとかなる。なぜかはよく分からないのだが、とにかく現在配信中のメインシナリオを全部終わらせた私でも、未だに推せる盾役とヒーラーが居ない。速攻勝負がものを言いがちなゲームではあるが、盾とかヒーラーとか、普通のRPGでは絶対に必要なキャラが居なくても顔のゴリ押しで何とか勝てるのだ――「メインシナリオは配布キャラだけで問題ない」というメギドの金言があるが、これが嘘ではないのである。配布キャラだけでも、自分のガチャ産の推しだけでも難易度はさして変わらない。
 メギド72はバランス調整がよく出来ているゲームで、大体のキャラはどんな状況でも活躍出来るのだが、しかし普段使っていない(あるいは顔だけで育てていた)キャラを放り込んだりすると予想外に大活躍したりする。この思いもがけなさがまた楽しいし、お前の好きな顔がいつだって最強なのだ。

 じゃあガチャなんか引く意味ねーだろと思われるかもしれないが、無論ある。メギド72は他のRPGの例に漏れずステータス異常とバフが非常に重要なので、キャラ単体の強さではなくキャラの組み合わせが重要なのである。そしてスキルのカスタマイズ度が高いので、バフとステータス異常は(ある程度以上は)装備で賄えてしまうし、それはもちろん本職のキャラには適わない(ここが大事なのである)。
 推したい顏を揃うまでガチャを引け。キャラの個性はシンプルであるにもかかわらず極めて豊かなので、新しいキャラを引けば誰と組み合わせれば強いかワクワクするのはFGOと変わらない(しかもレベルキャップがない)。

 ただしガチャのレートは渋い。サーヴァントが引けるのは1ガチャに付き5%で、1諭吉で回せるのは30連とちょっとである。ただし、月末に新規キャラ追加+サーヴァントが引けるのが10%の期間限定ガチャが救済策として用意されているので、裏返せばここぐらいしか課金する要素はない。ここでは紹介しないが、どのキャラもかなりキャラクターとしての味付けが濃厚なので、とりあえずたくさん人数を集めてみると楽しい。新キャラが普段はなかなか来ない仕様である以上最初のリセマラは(モチベーションの意味でも)ある程度はやったほうがいいとは思うが、とりあえず引けたキャラでも育てたりキャラストを開放していくうちに愛着が沸いてくるものだ。
 そう断言出来るぐらいキャラ設定には力が入っていると思う。仲間になるキャラクターも、人間にとっての救済は死しかありえないと平気で語って村を焼く伝道師とか、自然への愛が激し過ぎて人間も魔物も主人公も同じぐらいマジで嫌いでプレゼントしただけで「マジうぜえ…」って吐き捨ててくる自称守護聖獣とか、興味本位で世界の終わりを見たがるヤバい眼鏡のお姉ちゃんとか、協調性が無さ過ぎて死亡率100%の最前線に左遷され素材を貢ぐと「人の顔を伺うな!!」ってマジ切れしてくる説教お兄さんとか、勝ち気で可愛いソシャゲによく居そうなアーチャーの女の子が最終再臨で身体から蛇が生えてくるとか、もう味付けが濃過ぎて何がなんだか意味がわからない。なにせゲーム内で「いつ誰が裏切るか分からない」「内ゲバで全滅しそう」とかガチャで金払って引いた味方が平然とのたまうぐらいである。マジで協調性のない奴らがやたら多いが、そこがいい(繰り返すがマジでない)。ゲームを進めながら開けていく個人エピソードもメインシナリオも、やたら村が焼けたり人が死んだりするが、そこがいいのである。

 

 もうひとつ、メギド72は一度全員生存クリア出来たステージは、スタミナを消費するだけで一瞬で周回が終わらせられるようになる。FGO脳死素材周回がボタン一つで一瞬で終わるのだ。その分、スタミナの消費は激しく、石は高い。もっともFGOにおけるQP的なゲーム内通貨で回復薬が1日に複数個買えたりするわけだが、そんなに何度もログインしないので、素材を集中的に集めようとなると石を砕きまくる羽目になる。
 ただ、スタミナ回復+月末のガチャで人数を集めるためにとりあえずガチャを回しまくる以外は、正直かなり課金要素は少ないと思う。そして「メインシナリオは配布キャラだけで問題ない」のだが何故かイベント配布のキャラが妙に強いそんなビジネスモデルでどうやって金を稼ぐ気なのか理解出来ないのだが、本当に強いのである。

 

 脈絡のない文章になったが、そんなわけで、好きな顔をほどよく大活躍させるには最高のゲームである。
 まずは公式サイトのキャラクター紹介から気になる顏を探して、アプリをダウンロードしてください。

megido72.com

 ちなみに私の最推しはフラウロスくんで、主人公に平気で金をせびってはギャンブルに使い飯をたかるクズですが、滅茶苦茶カッコよくて強くて彼氏面してくる半裸です。

 

f:id:raise4096:20180320002029p:plain

f:id:raise4096:20180320002149p:plain

 強いのでオススメです(顏が強いのが最強なので)。